女性にとって避妊は大切なことです。結婚していて直ぐに子供が欲しいと願う女性は避妊の必要ありませんが、望んでいない方で妊娠してしまい、中絶をすることを考えると体に負担をかけてしまうので注意しましょう。それでは避妊についてお伝えしていきます。

女性にとって避妊は大切

太らない避妊薬はエストロゲンがポイント

避妊薬は飲んでみたいけど、口コミなどを見ると太るという声が見受けられます。それが気になって服用をためらっている方もいるのではないでしょうか。避妊薬は女性ホルモンを意図的に体に摂りいれることで、妊娠している状態を作り出します。そのため過剰な女性ホルモンが体内に存在することになります。適度な女性ホルモンは体の機能を正常に保たせるためには必要不可欠で、健康な状態にキープさせることができます。しかし、多くなってしまうと女性ホルモンの特性が強く出るのです。その1つが太るという現象です。実際は太るというよりは水分保持力が高まり、むくみが起こりやすくなるために体重が多くなったように見えるのです。この水分を保持する働きを過度にさせないことが、太らない避妊薬の条件になります。それには女性ホルモンの中でもエストロゲンに注目すると良いでしょう。エストロゲンは体の調子を整えて、気持ちも前向きにせる様な働きがありますので、痩せやすい体質になります。ですので、エストロゲンが分泌されている時は太らない環境が整っているのです。ピルにもエストロゲンは配合されています。そのバランスが重要です。エストロゲンが多い時期、つまりピルの休薬時期には痩せやすくなっているので体を動かしましょう。また、全体でホルモン量が一定だったり、メリハリのついた種類を服用すれば太らないで済みます。ただ、避妊薬は太る前に使う目的がありますので、それも十分発揮できて、さらに体に負担がないことが最重要な点です。また、初期はどうしても突然の体の変化に付いていけずに、反応が出やすくなります。しかし、だんだんと落ちついてきますので、少し様子を見ることも必要です。