女性にとって避妊は大切なことです。結婚していて直ぐに子供が欲しいと願う女性は避妊の必要ありませんが、望んでいない方で妊娠してしまい、中絶をすることを考えると体に負担をかけてしまうので注意しましょう。それでは避妊についてお伝えしていきます。

女性にとって避妊は大切

経口避妊薬は原発無月経や大人ニキビに使うこともある

一般的に普及しているコンドームなどの避妊具に比べて、かなりの高い確率で望まない妊娠を回避させることが出来るといわれているピルは、女性が男性に頼らずとも、自分だけの意思で確実な避妊対策が取れる医薬品で、低用量ピルであれば副作用のリスクもより少なく、安心して服用することが出来ます。女性に取って、予期せぬ妊娠ほど恐ろしい問題はなく、人生設計が百八十度狂ってしまうことにもなりかねません。子供を産むということは、女性にしかできない仕事ではありますが、心身ともに十分に準備できたうえで挑むべき大仕事でもあるので、子供を持つことを希望していない間は、しっかりと避妊対策を取ることが望ましいでしょう。この低用量ピルには、避妊以外にも様々な効能があるといわれており、最近、女性を悩ませている大人ニキビの治療にも使われることがあります。大人ニキビは思春期ニキビとは違って、ホルモンバランスの崩れが大きく関係していることもあり、ピルを服用することでバランスを整えると、過剰になっていた皮脂分泌が収まり、ニキビが鎮静化することが認められています。ピルには美肌効果も期待でき、肌荒れを気にする女性にはとてもうれしい相乗効果です。また、原発無月経の対策としてピルが用いられることもあり、女性ホルモンの補充策として利用されるようです。原発無月経とは、十八歳になっても初潮が訪れず、一度も月経がない状態のことを指します。この原発無月経の原因には様々なものがあり、染色体異常などの生まれながらにしての要因もあれば、適齢期に過酷な運動をしていたことによって初潮が遅れ、そのまま遅れてしまっているといったこともあり、婦人科で色々な検査をしたうえで原因を特定するようです。